top of page
  • 執筆者の写真健彦 杉田

黒生姜サプリの誕生

黒生姜は、生姜やウコンの仲間で、タイではクラチャイダムと呼ばれ、古来から塊根が滋養強壮剤としてポピュラーでした。

タイの山岳の少数民族の間では「1日山歩きをしても、黒生姜を飲めば疲れない」と言われ、そこからタイ全体に広まったと言われています。

ここ数年、日本でもアンチエイジング効果も喧伝されてブームが始まりました。


黒生姜の人気の理由は、その多彩な成分にあります。

弊社の黒生姜の成分を測定してみたところ、驚くべき結果となりました。


<弊社農園の黒生姜成分>

■最近、「脂肪燃焼」などが喧伝されているポリメトキシフラボノイドは、100g中約7gも含まれています。

■メンズサプリの主成分アルギニンは、有名なマカの2倍

■眼精疲労の予防によいとされるアントシアニンは、ブルーベリーの約3倍

■強い抗酸化作用でアンチエイジング効果があるとされるポリフェノールは、赤ワインの4倍含まれています。


但し、黒生姜の弱点は相当な苦味があり、煎じて飲む普通の飲み方では実に飲みにくいのです。そこで、弊社では黒生姜粉末をそのまま固めたタブレットを開発しました。苦味を感じずに1日1回2-3粒の服用で効果があります。





閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page